#03 こくぶんこ・げいぶんこの文化旅行
観る
ーみるー

芸術の秋、五感で感じて

能楽やダンス、日本と香港が国際共同制作した舞踊「空想運動会」など、アーティストたちによるさまざまな表現を楽しむことができます。せっかくの国文祭・芸文祭なので、いつもなら選ばないようなジャンルを鑑賞してみるのもいいかもしれません。人のカラダとココロを最大限に使ったアートの世界へ、足を踏み入れてみましょう。

能 / 太鼓 / 古典芸能 / 神話
吟剣詩舞/ 盆栽 / 舞踊 / 美術
観る

2021年開催のイベント

1

んまつーポス(日本)×Unlock Dancing Plaza(香港)
「空想運動会」コンテンポラリーダンス公演

2021年7月3日(土曜日)
13時30分開場 / 14時00分〜15時00分
18時30分開場 / 19時00分〜20時00分
2021年7月4日(日曜日)
13時30分開場 / 14時00分〜15時00分

1:

宮崎を拠点に国内外で活動する「んまつーポス」と、香港ダンス賞を受賞し、香港芸術振興会議のアドバイザーに任命されるなど、香港のダンス界を牽引してきたOng Yong lock 氏が主宰する「Unlock Dancing Plaza」が、作品タイトル「空想運動会」の国際共同制作の国内初演を行います。(リモート出演)

2:

公演に際し、オープニングを飾る子どもたちを公募します。子どもたちに2、3回の練習を経て舞台に立つ経験の場を提供します。

会場
宮崎市民プラザ オルブライトホール
〒880-0001 宮崎市橘通西1丁目1番2号
問い合わせ先
特定非営利活動法人 MIYAZAKI C-DANCE CENTER
〒880-0841 宮崎市吉村町南田甲1099
電話:0985-33-9110
料金
入場料:一般2,000円 / 大学生1,000円 / 4歳以上~高校生500円
※当日券+500円 ※3歳以下入場料無料(予定)
参加費:1,000円程度(宮崎市内の小学1年生~4年生で特別支援学校を含む)
開催要項等
開催要項
募集要項
2

太鼓の祭典

2021年7月11日(日曜日) 9時30分開場 / 10時30分〜17時30分

1:

地元宮崎県をはじめ、全国より応募があった伝統・創作太鼓団体が演奏を行います。

2:

直径約1mの大太鼓の試し打ちを実際に体験。どなたでもご参加いただける、本物の音を肌で実感できるコーナーを設けます。
休憩時間を利用し、大太鼓体験コーナーを実施予定

会場
宮崎市民文化ホール 大ホール
〒880-0930 宮崎市花山手東3丁目25-3
問い合わせ先
公益財団法人日本太鼓財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目11番2号 日本財団第二ビル6階
電話:03-6205-4377
料金
入場料:無料
開催要項等
開催要項
出演団体応募用紙
3

能楽の世界

2021年8月29日(日曜日)14時00分〜

1:

宮崎でほとんど観ることのできない、観世流家元観世清和氏や大槻文藏氏をはじめとする人間国宝などの出演による、一流の能楽を上演します。

2:

能は羽衣、半能は石橋、狂言は隠狸、舞囃子は養老などの演目を予定しております。
※約3時間40分の上演を予定。

3:

みやざきの神話を題材とした能楽に使用する能面の他、小面や中将などのいろいろな能舞台で使用される能面を展示します。

会場
メディキット県民文化センター 演劇ホール
〒880-8557 宮崎市船塚3丁目210番地
問い合わせ先
宮崎能楽振興協会
〒885-0092 都城市南横市町8284-10
電話:090-7440-4327
料金
入場料
S席5,000円(当日券5,500円)
A席3,500円(当日券4,000円)
開催要項等
開催要項
4

全国吟剣詩舞道祭

2021年9月5日(日曜日) 10時00分〜17時00分

1:

宮崎県内の吟詠、剣舞、詩舞の各会派(計10団体)による吟と舞を発表します。今大会の為に制作された構成吟「神話の故郷みやざき」を県内団体による吟詠、剣舞、詩舞で披露します。

2:

幼少青年選抜による吟詠、剣舞、詩舞や九州地区各会派による合吟を披露します。

3:

全国で活躍する吟剣詩舞道家の出演による特別番組を予定しています。(30歳以下のコンクール優勝者により結成された「スーパーチーム」の出演も予定)

会場
宮崎市清武文化会館 半九ホール
〒889-1613 宮崎市清武町西新町6-5
問い合わせ先
全国吟剣詩舞道祭実行委員会事務局
〒880-0951 宮崎市大塚町天神後2703-3(山田博方)
電話:0985-42-2066
料金
入場料:無料
開催要項等
開催要項
5

華道家元池坊宮崎県連合支部花展

2021年10月16日(土曜日) 10時00分〜18時00分
2021年10月17日(日曜日) 10時00分〜16時00分

1:

華道家元池坊いけばな展示(県内7支部によるいけばな作品展示)

2:

池坊プロデュース 華道男子グループ「IKENOBOYS」によるいけばなパフォーマンス
※IKENOBOYSは華道の素晴らしさや奥深さを伝える為に結成された”イケメン=いけるメンズ〞の7人グループです。全国各地でいけばなパフォーマンスやワークショップを開催しています。

3:

「いけばな鑑賞方法」ビデオの上映(会場に設置したモニター)

会場
宮崎ブーゲンビリア空港 オアシス広場
〒880-0912 宮崎市大字赤江 宮崎空港内
問い合わせ先
華道家元池坊宮崎県連合支部
〒880-0942 宮崎市生目台東2丁目28-5
電話:0985-51-0168
料金
入場料:無料
開催要項等
開催要項
6

日本民謡のおこり古典芸能公演

1:

オリジナルミュージカル「幻影(ファントム)~幻の剣ヒムカ~」

2021年10月7日(木曜日) 18時00分〜18時50分

特別出演のミュージカル劇団Mu 工房の子どもたち40名によるオリジナルミュージカルを上演します。

2:

「日本民謡のおこり古典芸能公演」

2021年10月7日(木曜日) 19時00分〜21時00分

海唄(音頭調)、山唄(追分調)、陸唄(お座敷調、騒ぎ唄)の三種に分け、33曲を民謡の解説を加えながら唄い舞います。特別出演のミュージカル劇団Mu工房による「ソング&ダンス」もご披露します。

会場
メディキット県民文化センター 演劇ホール
〒880-8557 宮崎市船塚3丁目210番地
問い合わせ先
(公財)日本民謡協会宮崎はまゆう会(前田)
〒880-0036 宮崎市花ヶ島新地橋1142-2
電話:0985-88-1241
料金
入場料
高校生以上2,000円 / 小中学生1,000円 / 未就学児無料
開催要項等
開催要項
7

ムーブメント・アート・インみやざき2021

1:

県民のための国際ダンスワークショップ

2021年10月8日(金曜日) 19時00分〜21時30分

香港のOng Yong Lock 氏によるコンテンポラリーダンスのワークショップ(リモート参加)。翌日のエキシビションで成果発表を行います。

2:

スクールダンスコンクール

2021年10月9日(土曜日) 10時20分開場 / 10時40分〜12時00分

県内の小・中学校、高等学校、特別支援学校等に通う児童・生徒のためのコンクール。審査のうえ、優秀作品を表彰します。

3・4:

表現・創作ダンス発表会&エキシビション

2021年10月9日(土曜日) 14時30分開場 / 15時00分〜17時30分

3:

表現・創作ダンス発表会

幼児から大学生、一般のグループによる表現・創作ダンスの発表

4:

エキシビション

オープニングダンス

コンクール受賞作品の披露

若手アーティストによる作品上演

ワークショップ成果発表

会場
メディキット県民文化センター 演劇ホール
〒880-8557 宮崎市船塚3丁目210番地
問い合わせ先
ムーブメント・アート・インみやざき実行委員会
〒880-0913 宮崎市恒久2丁目15番地4 宮崎市立恒久小学校(横山教諭)
電話:0985-51-6403
料金
入場料
一般1,000円 / 中学生以下500円(予定)
参加料(※入場料と兼ねる)
県民のための国際ダンスワークショップ
中学生1,000円 / 高校・大学生・一般2,000円
スクールダンスコンクール
小学生・中学生 500円 / 高校生1,000円
表現・創作ダンス発表会
幼児・小学生・中学生 500円 / 高校・大学生・一般1,000円
開催要項等
開催要項
募集要項
出場申込書
参加申込書
8

神話フェスティバルin青島

1:

午前「天語り・神楽」

2021年10月9日(土曜日) 10時00分開場 / 10時30分〜12時30分

①青島臼太鼓踊りの上演
②柴田美保子「天語り」
亡夫市川森一の遺志を継ぎ、女優柴田美保子が市川本古事記天語りを全国各地で披露しており、今回は青島に因み「海幸山幸」を上演。(神話絵画はマークエステル作)
③大分の馬場子供神楽「八俣の大蛇」の上演。

2:

午後「神話劇・コンサート」

2021年10月9日(土曜日) 14時00分開場 / 14時30分〜17時00分

①濱崎けい子「神話劇
演劇企画「二人の会」濱崎けい子と「神話の杜みやざき」による『歌語り・神武様』~神から人への命の絆~の舞台上演。
②アルケミスト・コンサート
現在、宮崎のテレビで活躍し、今回国文祭・芸文祭のアンバサダーとして、イメージソング「ひなたの真ん中で」を歌う2人組男性ユニット「アルケミスト」によるコンサート。

会場
青島能楽殿 2階
〒889-2162 宮崎市青島2丁目6-33
問い合わせ先
宮崎神話実行委員会2020
〒880-0841 宮崎市吉村町697-6(湯川宅)
電話:090-1167-7581
料金
午前「天語り・神楽」
2,000円 ※未就学児膝上は無料
午後「神話劇・コンサート」
2,000円 ※未就学児膝上は無料
開催要項等
開催要項
9

ごちそうアーツ(舞台芸術)×小さなアートフェスティバル(美術展)

ごちそうアーツ(舞台芸術)

2021年10月17日(日曜日) 16時00分〜20時00分

小さなアートフェスティバル(美術展)

2021年10月14日(木曜日)〜15日(金曜日) 11時00分〜19時00分
2021年10月16日(土曜日) 11時00分〜16時00分
1:

ごちそうアーツ(舞台芸術)
「ごちそうアーツ」は、三つの「ごちそう」を観客に提供するパフォーミング・アーツ・イベントです。子どもから大人まで楽しめる空間を演出します。

一皿目:県内外から公募したアーティスト(自称アーティスト・障がい者アーティストも可)が、10分間、演劇、音楽、ダンス、大道芸など、とっておきのパフォーマンスを観客に披露します。
二皿目:食べたり飲んだりおしゃべりしながらパフォーマンスを楽しんでいただきます。
三皿目:この日のために招聘したDJ(ディスクジョッキー:既存の音楽を再生機器で音を出し、それを選曲、操作、指示する人)とVJ(ビデオジョッキー:ディスクジョッキーの映像版)が、あの手この手で空間と時間をアーティスティックに演出します。

2:

小さなアートフェスティバル(美術展)
「小さなアートフェスティバル」は、宮崎大学講師で現代美術家を中心に、現代美術作品を展示し、劇場のような、美術館のような不思議な空間を演出します。

会場
透明体育館きらきら/国際こどもせいねん劇場みやざき(きらきらアート保育園付設)
問い合わせ先
透明体育館きらきら/国際こども・せいねん劇場みやざき
〒880-0841 宮崎市吉村町南田甲1093
電話:0985-33-9110
料金
1:ごちそうアーツ(舞台芸術)
入場料:500円(ワンドリンク)
2:小さなアートフェスティバル(美術展)
入場料:無料
出演の応募料:無料
開催要項等
開催要項
出演申込書
10

盆栽展

2021年10月15日(金曜日)〜16日(土曜日) 9時00分〜17時00分
2021年10月17日(日曜日) 9時00分〜16時00分

1:

展示
盆栽の魅力を楽しんでいただくために、樹齢200年を超える真柏(シンパク)の古木や、日本で最も権威のある国風盆栽展で日本一に輝いた貴重な盆栽を愛知県の盆栽美術館の協力を得て出品します。樹高15cm ほどの小さな盆栽をはじめ、長年にわたり丹精された名品33席80点を展示します。

2:

デモンストレーション
2021年10月16日(土曜日) 13時00分~15時30分
世界で活躍し日本盆栽協会公認講師でもある盆栽作家によるデモンストレーションを実施。入場無料で当日ご参加いただけます。

会場
フローランテ宮崎 夢花館
〒880-0836 宮崎市山崎町浜山414-16
問い合わせ先
一般社団法人日本盆栽協会宮崎支部事務局
〒880-0824 宮崎市大島町原ノ前1445-100 野元珍松園内
電話:0985-23-4986
料金
入場料:無料(※入園料も無料)
開催要項等
開催要項

2020年開催した「さきがけプログラム」

1

生賴範義展 創作の軌跡と秘密を探る

2020年10月17日(土曜日)~11月15日(日曜日)10時00分~18時00分

開催内容

宮崎市を拠点に活動し、2015年に他界したイラストレーター生賴範義氏(宮崎県文化賞・宮崎市功績者表彰、文化庁映画賞受賞)のイラストレーション創作の経緯を検証する美術展を開催。生賴氏の代表作・未発表作品から選定した作品87点と制作資料103点を一堂に展示。
展覧会に先がけて「生賴範義賞」を創設し、全国から「現代の神話」をテーマにしたイラストレーションを公募し、優秀作品の表彰を行うとともに、会場内に作品を展示。

会場
みやざきアートセンター  .5階 アートスペース2、3
〒880-0001 宮崎市橘通西3丁目3番27号
問い合わせ先
みやざき文化村
〒880-0001 宮崎市橘通西3丁目3番27号(みやざきアートセンター内)
電話:0985-22-3115
審査結果等
生賴範義賞
実績
来場者数:1441名
作品応募者数:24名
2

みやざき洋舞フェスティバル2020

2020年11月1日(日曜日)14時00分~17時30分

開催内容

第1部:

「ひむか美しの華」演出・台本:黒木梓氏
宮崎の素晴らしい景色、若山牧水の歌を紹介し、映像と共に宮崎の海・空・太陽を県内6団体が上演。

第2部:

「ひむかに集う華々」
公募による全国5団体の作品(コンテンポラリーダンス・ジャズダンス・クラシックバレエ・モダンダンスと様々なジャンル)を披露。

第3部:

「日に向かう国の物語~LEGEND of LIGHT〜」台本・演出・振付:西島数博氏(宮崎出身)
オーディションにより選出されたダンサーとゲストにより、古事記のアマテラス・スサノオ・ウズメとそれらを取り巻く森羅万象を題材とした創作バレエを上演。

会場
宮崎市民文化ホール 大ホール
〒880-0930 宮崎市花山手東3丁目25-3
問い合わせ先
みやざき洋舞フェスティバル実行委員会事務局
〒880-0007 宮崎市原町2-35プレタメゾン原町601
電話:0985-20-9839
実績
来場者数:953名(※感染症対策のため座席数は収容率60%で開催)